車売るなら

査定でのトラブル

車を売る時は気持ちよく買い取りしてもらいたいものです。
満足のいく金額で買い取ってもらったのに、後々ドラブルに発展したら嫌ですよね。

 

査定でのトラブルは99%、依頼者側の過失で起こります。
ここではそのようなことを事前に防ぐために、いくつかトラブルのケースをご紹介します。

 

嘘はつかないこと

 

事故暦がある、重大な故障があったのを隠していた場合、
後々買い取り業者から返金請求されます。

 

これは当たり前ですよね。
嘘をつく人が結構いるらしいので、後々トラブルになるような嘘はつかないようにしてください。
いいことは1つもありませんよ。

 

買取業者はあなたのお客様です。
せっかく自分の車を買い取ってくれるのに、そのような対応をしては車乗りとして、
男気がないかと思います。

 

事前に車の状態、事故暦の有無などの重要なことは伝えておくようにしましょう。
事故車、故障車の買取は下記ページで解説していますのでご覧ください。

 

>>フーガ 買取

 

 

所有者の問題

 

ローンを払い終わってなかったり、所有者があなたでないというケースもあります。
ローンですと、返済制度もありますので、しっかり伝えましょう。

 

所有者じゃないと車は買取してもらえませんので、事前に車検証をチェックしておくようにしてください。