不動産と車の売却のクリーニング業者に関する友人の意見

不動産と車の売却のクリーニング業者に関する友人の意見

近頃友人は、ちょっと財産を売ったようです。売った物は不動産物件でした。

 

ちょっと色々な事情があり、友人は持っている住宅を手放す事にしたのです。その際に友人が心がけたのは、掃除でした。不動産物件は、内部がきれいになっているかどうかが重視されます。特に水回りなどは、極力きれいにしておいた方が良いと言われています。綺麗になっている方が、使用感も感じられないでしょう。

 

ところで車買取にも、そのような一面がありますね。なるべく内部や外装などが綺麗になっている方が、査定士に対する印象も良くなりがちです。

 

ところで友達の話では、不動産と車は掃除に対してお金をかけるべきかの違いがあるようです。というのも友人の場合、不動産物件を売却する際にクリーニングを専門業者に頼んだのだそうです。いわゆるハウスクリーニングの業者ですね。

 

特に友人の場合は、水回りの清掃に力を入れてもらったようです。見違えるように綺麗になったこともあり、比較的高い金額で不動産物件が売れたそうです。
このような事例を考慮しますと、車を売却する時にもクリーニング業者を用いるという選択が浮上します。しかし友人の話では、それは正解ではないそうです。

 

確かに自動車のクリーニング業者に依頼をする方が、車は綺麗にはなります。しかし業者に依頼をするとなると、もちろん費用がかかりますね。綺麗になれば売却金額はアップするかもしれませんが、業者に支払った費用を賄えるほどアップする訳でもないようです。要するに車の修理と同じですね。

 

不動産の場合はそうではありません。売却額がかなり違ってくるので、たとえお金をかけててもハウスクリーニングを利用する方が良いのだそうです。ですので車買取では業者にクリーニングを依頼するというより、自分で掃除を行う方が良いと友人は考えているようです。